© OpsAid

  • OpsAidリリース担当

▼機能追加▼ アクションの通知メッセージにメールの内容を差し込み可能になりました 他

最終更新: 1月28日

アクションの通知メッセージにメールの内容を差し込み可能にする機能+その他をリリースしましたのでお知らせします。


アクションに設定する本文にアラート(メール)の内容を差し込みできるようになりました。

これまで、アクションの通知内容には固定のメッセージのみ指定が可能でしたが、今回のリリースで、下記の項目を差し込むこむことが可能になりました。

Chatwork、Slack、Backlog、Githubで利用可能です。

以下の項目が利用可能です。


${SUBJECT} → アラートの件名を挿入する

${BODY} → アラートの本文を挿入する

${FROM} → アラートの送信元メールアドレスを挿入する

${TO} → アラートの送信先メールアドレスを挿入する

${CC} → アラートのCCを挿入する

${DATE} → アラートの受信日時を挿入する

${URL} → インシデントの詳細情報のURLを挿入する



Slack、Chatworkにアラート(メール)を転送できるようになりました

受信したアラートメールをSlack、Chatworkに転送する機能をリリースしました。


この機能を利用すると下のようにメールが転送されます(Chatworkの例)


インシデント作成時の通知の有無を切り替えられるようになりました

インシデント作成時にステータスが「未対応」で担当者がアサインされた場合に、担当者宛のメールで通知を送るか送らないかを選択可能になりました。