検索
  • OpsAidリリース担当

Webサーバのモニタリング機能をリリースしました

いつもOpsAidをご利用いただきありがとうございます。 本日、新機能をリリースしましたのでご案内いたします。



Webサーバのモニタリング機能


指定されたURLへ定期的にアクセスしレスポンスが返ることを監視する、Webサーバのモニタリング機能をリリースしました。


これまでWebサーバの正常性を監視するには、別の監視ツールや他社の監視サービスを利用してOpsAidと連携させる必要がありましたが、これからはOpsAidだけで実現することができます。


監視対象のWebサーバからレスポンスが返らない場合は、OpsAidがアラートを発報します。発報されたアラートは、OpsAidのルール設定に従って、復旧コマンドの実行や、電話・チャットでの通知といった自動対応を実現することが可能です。


Webページの中に特定のキーワードが含まれる(または含まれない)ことをチェックすることも可能です。例えば『ヘルスチェックページのステータスが"OK"であることを監視する』といった用途に利用してください。


Basic認証に対応していますので、必要に応じて組み合わせてご利用いただけます。

機能の内容についてはマニュアルを合わせてご参照ください。


今後ともOpsAidをよろしくおねがいします。


48回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

大量のアラートメールからの解放!システム管理の自動化で、必要なメールだけに対応する

リモートワークの導入が増え、企業のIT化は益々進んでいます。従来オンプレだったITインフラをクラウドに変更したり、アプリケーションや端末も増え、企業のIT部門やIT管理を任されている部門は日々の運用の稼働で手一杯の担当者も多いはずです。 今回は、そんな日々の運用の中でも大量のアラートメールから解放手段をお伝えします。 人の目だけではもう限界! システムやネットワークが正常な動作をしているかを監視し