検索
  • OpsAidリリース担当

休日カレンダー機能をリリースしました


いつもOpsAidをご利用いただきありがとうございます。

新機能のリリースしましたのでご案内いたします。


休日カレンダー機能


OpsAidではこれまで、アラートの発生した曜日や日付を指定して、任意のアクションを実行することができましたが、これらに加えて、お客様自身の休日を指定できるようになりました。


夏季休暇や年末年始の休暇などの休日をあらかじめ入力しておくことで、休日のみ実施するアクションを設定することができます。

利用するには、左サイドメニューから「組織休日設定」にアクセスしてください。


また、組織とは別にプロジェクト単位で異なる休日を指定することができます。

この機能を利用するには、プロジェクトを選択し「プロジェクト休日設定」にアクセスしてください。


プロジェクトの休日と組織の休日足し合わせる場合は、「プロジェクトカレンダー設定」から「組織の休日」にチェックをつけてください。(下:画像、青枠

「組織休日設定」で入力した休日は、この画面の「組織の休日」にチェックをつけるまで有効になりませんのでご注意ください。


日本の祝日については、あらかじめOpsAid側で用意していますので、日本の祝日を利用する場合は「日本の祝日」にチェックをつけてください。(下、画像、赤枠


休日カレンダーをあらかじめ作成しておくことで、ルール設定で「休日」「営業日」「非営業日」の指定が可能になります。


この機能を活用することで、

  • 非営業日にアラートが到着した場合は、携帯電話へ自動連絡

  • それ以外はオフィスに電話連絡

といったアクションが実現可能です。ぜひご活用ください。


今後ともOpsAidをよろしくお願いします。




34回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

大量のアラートメールからの解放!システム管理の自動化で、必要なメールだけに対応する

リモートワークの導入が増え、企業のIT化は益々進んでいます。従来オンプレだったITインフラをクラウドに変更したり、アプリケーションや端末も増え、企業のIT部門やIT管理を任されている部門は日々の運用の稼働で手一杯の担当者も多いはずです。 今回は、そんな日々の運用の中でも大量のアラートメールから解放手段をお伝えします。 人の目だけではもう限界! システムやネットワークが正常な動作をしているかを監視し

© OpsAid