検索
  • OpsAidリリース担当

メール転送機能をリリースしました。

いつもOpsAidをご利用いただきありがとうございます。

この度、新機能をリリースしましたのでご連絡いたします。



障害検知時にメールの転送ができるようになりました


「異常を知らせるメール」が到着した場合に、メール転送する機能をリリースしました。



アクション設定にて、宛先、件名、内容を設定することで検知条件に合致したメールの内容をもとにメール送信を行います。

宛先は複数指定することができます。

件名・内容にはマクロを利用することが可能で、転送元のメールの情報を転送メールに挿入することができます。


こちらの機能を利用することで、対応が必要なメールのみフィルタリングして担当者にメールを送るといったことが可能です。


今後ともOpsAidをよろしくお願いいたします。


19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

大量のアラートメールからの解放!システム管理の自動化で、必要なメールだけに対応する

リモートワークの導入が増え、企業のIT化は益々進んでいます。従来オンプレだったITインフラをクラウドに変更したり、アプリケーションや端末も増え、企業のIT部門やIT管理を任されている部門は日々の運用の稼働で手一杯の担当者も多いはずです。 今回は、そんな日々の運用の中でも大量のアラートメールから解放手段をお伝えします。 人の目だけではもう限界! システムやネットワークが正常な動作をしているかを監視し